PAGE TOP

校歌・市高賛歌

ホーム > 校歌・市高賛歌

校歌


柳 正實/作詞、 大西 亮/作曲、 中田 喜直/編曲

昭和39年2月に制定されました。
入学式や、卒業式では、オーケストラ伴奏になります。



一.

潮路はるけく

葦芽は

萌えて明るき

浅緑

ああわれらここに

汲みなむ 生命の泉

契りは深し

徳島市立高校

  二.

吉野は遠く

紺碧の

流れて尽きぬ

水の色

ああわれら今ぞ

聴きなむ 真実の教

誓ひは固し

徳島市立高校

  三.

眉山聳え

蒼穹は

晴れてさやけき

光充つ

ああわれら明日は

建てなむ理想の標

希望は昂し

徳島市立高校



市高賛歌 友よこの空のもとで


辻 和代/歌詞、 川人 昭夫/作曲

本校創立10周年を記念して創作された歌です。
生徒会が発案し、歌詞を公募、その歌詞に本校音楽教諭
であった故川人先生が節をつけられました。
生徒にも教職員にも親しまれています。



一.

空 この空 青い空

若人の夢かける 市高の空

友よ 結ぼう この空のもとで

いつまでも かわらない 青春の友情を

風よ 空わたる風よ

伝えておくれ この若人の心を

  二.

土 この土 新しい土

若人の踏みしめる 市高の土

友よ 競おう この土の上で

たくましく 堂々と 青春の力を

花よ 土に咲く花よ

たたえておくれ この若人の姿を

  三.

川 この川 光る川

若人のいのち宿る 吉野の流れ

友よ 語ろう この川のほとり

限りなく ひらけゆく 青春の希望を

葦よ 川に映える葦よ

聞いておくれ この若人の語らいを


 
       
四.

海 この海 広い海

若人の船浮かぶ 紺青の海

友よ 進もう 海原はるか

いさましく 胸はって 青春の航路を

星よ 海照らす星よ

照らしておくれ この若人の行く手を

  五.

山 あの山 みどりの山

若人のあおぎ見る あこがれの山

友よ いざ行こう あの山のかなた

手をとり 助けあう 青春の旅路を

鳥よ 山に鳴く鳥よ

ともに歌おう この若人の賛歌を